気になる事件

殺人事件、失踪・行方不明事件、未解決事件などの考察(妄想)

東京・墨田の公園に男性遺体

28日午前5時5分ごろ、東京都墨田区横網2丁目の都立横網町公園で「人が倒れている」と通行人から110番通報があり、公園のベンチの近くで男性が頭から血を流して死亡していた。警視庁捜査1課は、男性の頭に鈍器で殴られたような痕があったことなどから殺人事件と判断し、捜査を始めた。
続きを読む

シリーズ【真相の発掘】#4 岐阜県ひるがの高原キャンプ場女児行方不明事件

神隠し(かみかくし・かみがくし)とは

  1. 喪中神棚を、白い紙や布で覆う慣わし。
  2. 人間がある日忽然と消えうせる現象。神域であるで、人が行方不明になったり、からなんの前触れも無く失踪することを、神の仕業としてとらえた概念。古来用いられていたが、現代でも唐突な失踪のことをこの名称で呼ぶことがある。天狗隠しとも言う。

wikipediaより



この世では、現代の科学などでは解明できない不可解な現象が、まれにではあるが起こる。

以前、取り上げた赤城山主婦失踪事件などはそれにあたり、そういった忽然と人間が消え失せてしまった現象を、人は古来より

「神隠し」

といって、人智の及ばぬモノの仕業としてきた。

今回取り上げる事件もそんな神隠しといっても差し支えない事件である。
続きを読む

愛媛県今治市高齢親子殺人事件その2 参考人自殺

愛媛県今治市の市営住宅で高齢の親子が殺傷された事件で、関与した疑いがある参考人として、今治署捜査本部が4日に任意で事情聴取した近所の女性が5日午前9時ごろ、市内の建物内で自殺しているのが見つかった。女性は30代で、近くに遺書があった。捜査本部が明らかにした。

 捜査本部は4日に殺人容疑などで自宅を家宅捜索。5日も聴取する予定だった。県警幹部は「捜査は適正だった」としているが、聴取や遺書の内容、自殺の状況を明らかにしておらず、一連の捜査の適否が問われそうだ。


続きを読む

愛媛県今治市高齢親子殺人事件(付近で共通性のある殺人も)

 3日、愛媛県今治市の市営団地で親子が女に刃物で切りつけられる事件があり、92歳の母親が死亡した。現場近くでは先週、刃物による刺し傷がある高齢女性の遺体が見つかっていて、警察はこれも殺人事件と断定。2つの事件の特別捜査本部を設置して関連も視野に捜査している。  3日午前9時ごろ、今治市の市営団地に住む岡本ユキヱさん(92歳)と長男の久行さん(70)が、部屋の中で女に刃物で切りつけられた。岡本さんは胸を刺されて死亡し、久行さんも背中を切りつけられ重傷。久行さんは女について「中年ぐらいで知らない女」と話しているということで、警察は3日夜、特別捜査本部を設置して、逃げた女の行方を追っている。  一方、事件のあった市営団地から400メートルほど離れた民家では、先月26日、腹部に刺し傷のある81歳の女性の遺体が見つかっている。  警察は、事件と自殺の両面で調べていたが、殺人事件と断定し、3日夜、特別捜査本部を設置して2つの事件の関連も視野に調べている。
続きを読む

仁義の報復を読んだ



続きを読む

千葉県我孫子市ベトナム女児殺人事件

犯人、捕まりましたね。PTA会長というのが驚愕でした。
もはや誰を信じていいのやら・・。誰も信じるなってことでしょうか。

さて、個人的には、下記事件との関連が気になっております。

2002年5月19日 大川経香さん行方不明事件
取手市台宿2丁目の飲食店店員、大川アナベルさん(30)の長女で、市立取手小3年の大川経香(きょうか)ちゃん(9歳)が自宅から遊びに出たまま行方不明となり、約2カ月経った今も依然足取りがつかめていない。
取手署などは、6月28日までに延べ1530人の捜査員を投入し、経香ちゃんの自宅から半径3km周辺の川や神社、空き家、側溝、雑草地などを捜索した。
また、足を向ける可能性のあるコンビニやスーパー、ゲームセンター、駅ビルのほか接触のある小学校教諭や同級生、近所の遊び友達などから聞き込み捜査を行った。
さらに、写真入りチラシ約10万枚を作成して街頭配布し、それを拡大した手作りポスターをJR常磐線牛久駅から上野駅間の12駅に掲示。
5月25日には、教職員やPTA、取手市民など約1000人のボランティアが協力して利根川河川敷一帯を探した。
これまでの調べで、経香ちゃんは5月19日(日)午前10時ごろ「友達のところへ遊びに行く」と言って自宅を出た。同日午後6時ごろ自宅近くの公園で友達と遊んでいるのが確認され、同7時ごろアナベルさんが帰宅した際には、経香ちゃんが食べたと見られるコンビニ弁当が空になっていたという。経香ちゃんは身長120センチ、体重25キロで中肉、おかっぱ頭。白い無地のTシャツに薄水色のショートパンツ、赤い運動靴(サイズ18センチ)を着用していた。


現場は容疑者の自宅近くの上、ハーフという相似点。
余罪がないか慎重に調べて頂きたい所存である。


伊藤博文・刑事部長とみられる遺体発見、自殺か

10日から行方不明となっていた静岡県警の刑事部長の遺体が静岡市の山中で見つかった。自殺とみられている。

 死亡したのは、静岡県警の伊藤博文刑事部長(58)。警察などによると伊藤刑事部長の遺体は13日午前9時ごろ、静岡市葵区池ヶ谷で農道の下の斜面に倒れているところを通行人に発見された。現場は伊藤刑事部長の自宅から約2キロ離れた山の中。

 捜査関係者によると、遺体の近くにはひもが落ちていたことなどから首をつって自殺を図った可能性があるという。これまでに遺書は見つかっていない。

 伊藤刑事部長は10日夜、財布や携帯電話を自宅に残したまま徒歩で外出したとみられ、県警が行方を捜していた。続きを読む

静岡県警の刑事部長が行方不明

静岡県警は12日、県警の伊藤博文刑事部長(58)が、10日午後9時頃に静岡市内の自宅を出た後、行方が分からなくなり、捜索していると発表した。

 県警は、事件性の有無を調べている。

 発表によると、伊藤部長は10日午後5時20分頃、静岡市葵区の県警本部を退庁。その後、北に約1・5キロ離れた同区内の自宅に帰り、午後9時頃に家を出たとみられる。
自宅には伊藤部長の財布と携帯電話2台が残されていたが、書き置きなどは見つかっていないという。
11日に妻から県警に行方不明の届け出があった。
続きを読む

埼玉の愛犬家殺人 関根死刑囚が死亡

24年前、埼玉県で犬の愛好家など4人を殺害した罪などに問われた75歳の死刑囚が、27日朝早く、東京拘置所で死亡したことが、関係者への取材でわかりました。

関係者によりますと、死亡したのは、東京拘置所に収容されていた関根元死刑囚(75)です。
関根死刑囚は、平成5年、埼玉県熊谷市でみずからが経営していたペットショップの客の犬の愛好家など4人を殺害したとして、殺人などの罪に問われました。

1審と2審はいずれも死刑を言い渡し、最高裁判所も平成21年、「猛毒が入ったカプセルを栄養剤などと偽って飲ませて殺害し、遺体を切り刻んで燃やした犯行は冷酷、無慈悲で4人の命を奪った責任は極めて重大だ」などとして上告を退け、死刑が確定していました。

関係者によりますと、関根死刑囚は、去年11月ごろから体調を崩し、病院などで治療を受けていましたが、27日朝早く、東京拘置所で死亡したということです。

愛犬家連続殺人を読んだ

愛犬家連続殺人 (角川文庫)
志麻 永幸
角川書店
2000-09


続きを読む
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文