気になる事件

殺人事件、失踪・行方不明事件、未解決事件などの考察(妄想)

千葉県酒々井町上本佐倉バラバラ殺人事件 2 トイレに遺棄?  

千葉県酒々井町の住宅で遺体を切断したなどとして逮捕された25歳の女が「遺体を家の中で捨てた」などと供述していることが分かりました。警察はトイレなどに流した可能性があるとみています。
続きを読む

北海道旭川市一家殺傷事件

北海道旭川市の住宅で13日、女性(55)とその両親が死亡し、女性の娘が重傷を負った事件で、娘の部屋からは血のついた刃物が見つかった。

 事件があったのは旭川市神居の住宅。13日午後5時ごろ、1階の玄関で、溝口ゆみ子さん(55)が血を流して倒れているのを帰宅した夫が発見した。ゆみ子さんは現場で死亡が確認されたという。

 また2階の1室では、ゆみ子さんの父親(80)と、母親(78)が死亡しているのも見つかった。続きを読む

静岡奥浜名湖バラバラ死体遺棄事件 その3 知人

 浜松市北区細江町の浜名湖で北海道美唄市出身、住所、職業いずれも不詳の男性(32)の殺害された切断遺体が見つかった殺人、死体損壊、遺棄事件で、細江署捜査本部が押収した男性の知人とみられる浜松市の男(32)=窃盗容疑で浜松中央署が逮捕=の車から血痕が見つかり、男性のDNA型と一致したことが23日、捜査関係者への取材で分かった。
続きを読む

福島県郡山市大槻町警備員男性殺人事件

福島県郡山市の山林で5月、郡山市大槻町の警備員岡部大樹さん(25)の遺体が見つかった事件で、殺人と死体遺棄容疑で逮捕された無職、車田和也容疑者(26)=郡山市安積町笹川=が岡部さんに「スイカ割りをしよう」と持ちかけ、目隠しをしたうえで背後からつるはしで襲った疑いのあることが捜査関係者への取材で分かった。車田容疑者は9日に起訴される見通し。続きを読む

千葉県酒々井町上本佐倉バラバラ殺人事件

12日午後6時45分ごろ、千葉県酒々井(しすい)町上本佐倉1丁目の住宅で、切断されたとみられる遺体の一部が室内にあるのを、住人の知人の通報を受けた警察官が発見した。県警によると、この住宅には男性(21)と姉(25)が住んでいるが、男性の行方が分かっていないという。県警は、この男性の遺体の可能性があるとみて身元の確認を急ぐとともに、死体遺棄や死体損壊容疑で調べている。


続きを読む

シリーズ【真相の発掘】#2 赤城神社主婦失踪事件

前回、古い事件を取り上げるなどと言っておきながら、いきなり最近の事件を取り上げた次第であるが、本シリーズは風化阻止の目的もあるので、あまり知名度のないであろう事件や、ここで取り上げきれなかった事件を年代問わず扱っていきたい。

そして、今回であるが・・・
続きを読む

シリーズ【真相の発掘】#1 静岡県浜松市介護士殺人事件

人々の記憶から忘れ去られてしまいそうな数々の未解決事件・・・
あるいはこんな事件知らなかった、という方々へ純粋な事件の知識として、
シリーズ【真相の発掘】では、様々な古い事件を採り上げ、書き留める。
微力ながら事件解決の為の呼び水となれれば幸甚である。

続きを読む

静岡奥浜名湖バラバラ死体遺棄事件 その2 身元判明

浜松市北区の浜名湖で切断された遺体が見つかった事件で、静岡県警捜査1課などは14日、遺体は北海道美唄市出身で住居・職業不詳の出町優人さん(32)と判明したと発表した。司法解剖の結果、腹部に刺し傷があることが分かり、同課は殺人事件と断定した。
 同課によると、全国で所在不明になっている人の情報と遺体の特徴を照合し、DNA型鑑定などで特定した。出町さんの家族には連絡したという。
 遺体は今月8日、浜名湖北部の奥浜名湖と呼ばれる一帯で見つかった。刃物で切断され、約3キロ四方に点在していた。腹部の刺し傷が原因で死亡し、死後1週間以内とみられる。 

立川市西砂町24歳パート従業員絞殺事件 その2 容疑者逮捕

東京・立川市で26歳の女性が、首に電気コードを巻かれ、死亡した事件で、警視庁は、不倫相手の男を、殺人容疑で逮捕した。
東京・昭島市の会社員・大井裕紀容疑者(26)は、7日午後、立川市西砂町のマンションで、パート従業員・浅井 真弓子さん(26)の首を電気コードで絞め、殺害した疑いが持たれている。
大井容疑者を知る人は、「いやショック、すごく。子どもさんがかわいそう。奥さんに対しては、絶対自分に服従だったみたいな感じ。車を改造していてもね、雨降っていても、傘さしてあげて、手伝ったりね」と話した。
大井容疑者は、浅井さんと不倫関係にあることが、浅井さんから妻への「LINE」で発覚したため、犯行当日、妻と一緒に話し合いのために浅井さんを訪問し、その後、大井容疑者が、1人で犯行に及んだという。
調べに対して、「かみさんにばれた。ばらさないと言っていたのに」と供述しているという。続きを読む

目黒区碑文谷公園バラバラ殺人事件 その5 容疑者逮捕

東京都目黒区の区立碑文谷公園内の池で、無職の阿部祝子(ときこ)さん(88)=世田谷区野沢=の切断遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された世田谷区野沢、無職、池田徳信(やすのぶ)容疑者(28)が「金銭目的で阿部さんの部屋に入った」と供述していることが10日、捜査関係者への取材で分かった。「ベランダから侵入した。6月20日と21日の2回入った」と供述していることも判明。阿部さんと面識はなかったとみられ、警視庁碑文谷署捜査本部が詳しい経緯を調べる。

 捜査本部によると、池田容疑者は侵入経路について、「2階のベランダによじ登ったが、その部屋の窓が閉まっていた。3階の阿部さんの部屋までさらに登り、窓が開いていたので入った」などと供述。2階ベランダと阿部さんの部屋のベランダ、阿部さんの部屋の中から、池田容疑者のものとみられる靴の足跡が見つかった。捜査本部は、池田容疑者が盗み目的で侵入可能な部屋を無差別に探していたとみている。

 池田容疑者は20日午前5時ごろ、黒っぽいリュックサックを持って阿部さんのマンションから歩いて出ていく様子が、マンションのエントランスの防犯カメラに写っていた。翌21日午前2時ごろには、黒っぽいスポーツバッグを肩に掛けてマンションを出て、自転車で走り去る姿がカメラで確認された。

 いずれの日も池田容疑者がマンションに入る様子は防犯カメラに写っておらず、池田容疑者は「阿部さんの部屋には2回侵入し、どちらもベランダから入った」と供述している。

 捜査本部によると、池田容疑者は20日の侵入で阿部さんを殺害し、浴室で切断。いったん帰宅したあと、21日に切断遺体をスポーツバッグに入れ、碑文谷公園の池に捨てたとみられる。池田容疑者は侵入時の状況について「阿部さんは就寝中だった」と供述。「切断には阿部さんの部屋にあった包丁を使った。池とは別の場所に捨てた」としている。

 捜査本部は池田容疑者が住むマンションの捜索で、包丁など刃物類9点、リュックサック、自転車などを押収した。自転車は、池田容疑者が21日に使用したものと同一とみられる。

 阿部さんの部屋には現金入りの財布や預金通帳が残されていたが、捜査本部によると、阿部さんがタンスに現金を保管していたという情報がある。だがタンス内から金銭などは見つかっておらず、捜査本部は室内からなくなったものがないか調べている。

 捜査本部は10日、死体遺棄容疑で池田容疑者を送検した。今後、詳しい殺害方法や遺体を切断した目的などについても調べを進める方針。

続きを読む
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文