気になる事件

殺人事件、失踪・行方不明事件、未解決事件などの考察(妄想)

京浜運河女性遺体事件2 身元判明

続報です。

東京都品川区の京浜運河でスーツケースに入った女性の遺体が見つかった事件で、警視庁捜査1課は7日、遺体は中国籍で住所、職業がいずれも不詳の楊梅(よう・ばい)さん(34)と発表した。入国管理局に登録された指紋で判明した。同課は死亡した経緯などを調べる。
 同課によると、楊さんは2013年9月に技能実習生として入国し、京都府内の自動車部品製造会社に勤務していた。勤務先が14年3月、「会社の寮からいなくなった」と京都府警に届け出た。
 遺体が入ったスーツケースは6月27日、品川区東品川2の京浜運河で見つかった。司法解剖で死因は特定できなかったが、死亡から1週間ほど経過していた。目立った外傷はなかった。
 スーツケース内には重りとみられる大きな石も入っており、同課は遺棄した人物が発覚を免れるために入れたとみている。 続きを読む

目黒区碑文谷公園バラバラ殺人事件 その4 新事実諸々

新たに分かった情報を纏めると、

・遺体発見の翌日以降に、何者かが女性の部屋に出入りした可能性があると判明
・被害者の部屋(3Fの角部屋)のベランダから被害者のものではない靴痕が見つかった
・5月末まで外装業者が出入りしていた
・被害者の部屋から19日の20時頃に長男夫婦を見送った際に着用していたエプロンが椅子に掛けられていた状態で見つかった
・マンションには、エントランスやエレベーターなどに、あわせて12台の防犯カメラが設置されているが、警視庁によると、これまでのところ、不審な人物は確認できていない。
・阿部さんの部屋のポストには、20日の朝刊が入ったままだった。
・被害者宅の玄関のカギは空いており、電気は消えていた。
・被害者の靴は室内を向いていた

といったところである。続きを読む

長野県松本市53歳女性殺人事件2 続報

続報です。

毎日新聞 6月28日(火)20時0分配信

 

 長野県松本市梓川倭(あずさがわやまと)の住宅で27日、住人の工員、山田佐登美さん(53)が殺害された事件で、山田さんの遺体の手に、数本の髪の毛が握られていたことが28日、捜査関係者への取材で分かった。県警松本署捜査本部は、山田さんが容疑者ともみ合った際に抜けた容疑者の毛髪の可能性があるとみてDNA型などを調べている。

捜査本部によると、司法解剖の結果、山田さんの死因は、首を刺されたことによる失血死だった。首に複数の切り傷があり、他にも切られたような傷があったという。 

目黒区碑文谷公園バラバラ殺人事件3 空白の13時間

東京都目黒区の区立碑文谷公園内の池で切断された女性の遺体が見つかった事件で、警視庁碑文谷署捜査本部は27日、遺体が世田谷区野沢の無職、阿部祝子(ときこ)さん(88)と判明したと発表した。阿部さんは1人暮らしで、家族と19日夜に自宅マンションで会って以降、連絡がつかなくなっていたといい、捜査本部が当時の詳しい経緯を調べる。

 捜査本部によると、26日昼に阿部さん宅を訪れた清掃用具レンタル業者が、阿部さんと連絡がつかないと警視庁に連絡。阿部さん宅を管轄する世田谷署員が別の場所に住む阿部さんの家族とともに室内に入り、不在を確認した。

 阿部さんには歯の治療歴があるなど、今回見つかった切断遺体の特徴と一致する点があった。捜査本部がマンション室内から採取した阿部さんの微物をDNA型鑑定したところ、遺体のものと合致したという。

 レンタル業者は、20日午前にも阿部さん宅を訪れていたが、このときも阿部さんと連絡がつかなかった。阿部さんと事前に約束をして設定した日だったといい、捜査本部はこの時点で阿部さんが事件に巻き込まれていた可能性が高いとみている。


続きを読む

長野県松本市53歳女性殺人事件

27日午前1時ごろ、長野県松本市梓川倭(やまと)の住宅で、この家に住むパート従業員山田佐登美さん(53)が寝室で首から血を流して倒れていると、高校生の長女から119番通報があった。山田さんは市内の病院に搬送されたが、約1時間20分後に死亡した。県警は殺人容疑で捜査を始めた。
 松本署によると、長女は「1階の寝室から大きな声が聞こえたので、(2階から)下りていったところ母が倒れていた」と話し、山田さんの首には刃物で傷つけられたような痕があったという。寝室の窓が割られたり室内が荒らされたりした形跡はなく、凶器のようなものも見つかっていないという。署は自宅玄関のドアが施錠されていたかどうかなどを調べている。
 山田さんは夫の両親と高校生の長女、長男の5人暮らしで、夫は単身赴任中。山田さんと夫の両親が1階、長女と長男が2階で就寝中だったという。

女性の遺体、荒川河川敷で見つかる

 東京・江東区の荒川河川敷で、一部が白骨化した女性の遺体が見つかりました。

 26日午後、江東区の荒川河川敷で「子どもがバッタをとりに行ったら、人の遺体のようなものを発見した」と、通行人から110番通報がありました。警察官が駆けつけたところ、頭部や足が一部白骨化するなど、腐敗が進んだ遺体が見つかりました。

 「結構人通りはありますよ、あの辺は。川沿いに近いところですよね。あそこまではあまり行かないんですよね」(近所の住民)

 警視庁によりますと、遺体は成人の女性で身長167センチぐらい、白と赤の柄のセーターにズボン姿で、靴は履いていなかったということです。警視庁が死因と身元の特定を進めています。(27日02:54)

京浜運河女性遺体事件

27日午後、東京・品川区の東京湾につながる運河でスーツケースに入った女性の遺体が見つかりました。警視庁は死体遺棄事件として捜査を始めました。
 27日午後1時半ごろ、品川区東品川の東京湾につながる京浜運河で「スーツケースが浮いている」と船に乗っていた人から届け出がありました。警視庁の警備艇が駆けつけ、浮いていた黒いスーツケースを回収し開けたところ、中から遺体が見つかりました。
 「水面から何か一部、顔を出しているような感じ。出っ張っているところが何なのか、近寄ったら水面下に大きなものが見えた。それがスーツケースのように見えると思いました」(目撃者)
 警視庁の調べによりますと、遺体は30代から40代前後の女性とみられ、キャミソールにハーフパンツ姿で、膝を抱えた状態でスーツケースの中に入っていたということです。
 警視庁は死体遺棄事件として捜査を始め、女性の身元と死因の特定を急ぐとともに、スーツケースがどこから流れてきたのか詳しく調べています。現場は東京モノレール天王洲アイル駅から北東におよそ200メートルの運河です。(27日17:58)

目黒区碑文谷公園バラバラ殺人事件 その2 続報


東京・目黒区の公園で切断された女性の遺体が見つかった事件で、遺体の頭部に白髪が残っていたことが分かりました。

 警視庁によりますと、目黒区の公園の池で遺体で見つかった女性は、50代から70代とみられています。水の中にあったためか、
髪の毛はほとんど残っていませんでしたが、その後の警視庁への取材で、わずかに白髪が残っていたことが分かりました。

また、左手の薬指に指輪はなく、長期間、指輪をしていた痕もなかったため、女性は独身だった可能性もあります。
これまでの捜索で頭部や足などのほか、胴体のほとんどが見つかりましたが、臓器は1つも見つかっていないことも分かりました。
警視庁は、臓器だけが別の場所に遺棄された可能性もあるとみて調べています。
続きを読む
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文