ちょっと前の事件だが、気になっている。


[概要 ]

大分県日出町(ひじまち)の主婦・光永マチ子(みつながまちこ)さん(35歳主婦)が、2011年9月12日から消息を絶っている。

光永マチ子さんの行動 

午前9時45分頃  
小学校から連絡があり、長女の前歯が欠けたため迎えに小学校へ。 

午前10時すぎ 
小学校で長女を引き取り歯医者へ。 
一緒に歯科医院へ行って治療を終えた後、近くのスーパーへ寄っておりスーパーの防犯カメラには、2人がお茶などを買う姿が映っている。 

午前11時30分頃 
長女を小学校に送り届けた後、「気分が悪いから病院に行くね」と、言い残したのを最後に行方不明になる。 

光永マチ子さんが失踪したときに自宅からなくなっていたものがある、それは自宅と車のカギ、いつも持っている、モノトーンのポーチ、財布などが入っていたバッグ、マチ子さんの使っていた枕、長女がタオルケット代わりに使っていたバスタオルである。 
室内は荒らされた様子はないが、鍵が開いたままで普段から几帳面だったマチ子さんが鍵をかけずに外出することは考えられないという。 
車の鍵はなくなっていたが、車はそのまま置いてあった、冷蔵庫にはスーパーで買ったお茶が飲みかけの状態で残っていたことなどを考えると、突然の来客があり、連れ去られた可能性が高いのではないか? 

以上が事件の概要。

この段階では、事件なのか失踪なのか判断出来かねる。

 
次は自宅からなくなっていた物や状況から、自発的か事件性有か見極めてみたい。

・自宅と車のカギがない 
・モノトーンのポーチがない 
・財布などが入っていたバッグがない
・マチ子さんの使っていた枕がない
・長女がタオルケット代わりに使っていたバスタオルがない
・携帯はあった
・飲みかけのお茶があった
・ドアは開いていた

そもそもカギとポーチはバッグに入っていたとも考えられる。
また外出時に持ち歩くものなので、これらがないのは不自然ではない。
だが、それは自発的失踪での話であり、連れ去りであれば意図が分らない。
 
そして、枕とバスタオル(タオルケット)。この2つはいわゆる寝具である。
自発的だとすると、マチ子さんは自分の枕じゃないと寝られない為持ちだしたということが
無理矢理だが考えられる。
もしくは協力者がいた場合、マチ子さんが誰かの車で横になるつもりで乗って行ったとするならば、
この2つを運び出してもおかしくはない。連れ出した人間が室内から適当に持って行った可能性も考えられる。
マチ子さんの体調が悪かったということからも、合理性はある。

いずれにしろ、事件か失踪かの判断がつきそうにないので、
ここでは敢えて事件だとすると、、、という設定で考えてみたいと思う。

事件だとすると、考えられるのは枕あるいはタオルケット、あるいはその両方に犯人の痕跡や
マチ子さんの血痕が付いた・・・あたりか。
飲みかけのお茶は突発的な何かを示唆していると思う。几帳面な性格だったというし、
外出するなら仕舞って行くだろう。
ドアが開いていたというのは、自発的失踪という可能性を著しく低くする材料であり、
この2点が事件の様相を臭わせる。

また、県警は警察犬を導入している。が、警察犬はすぐに家の前に戻ってきてしまったということから、
自宅前から車で移動した可能性は高い。

今一度概要を見直してみて、ひとまず思ったのは突発的な状況なのに、意図的な行動が混在しているということ。
これが理由で、何か一つの状況を基に推理していくと、他の状況によって、それが破綻してしまう。

ただ、一つだけこの矛盾した点を一つの線にできそうな説が自分の脳裏に浮上したのが以下に書き記しておく。

まず、ドアの施錠の件から。
このドアであるが、施錠しなかったのではなく、施錠できなかった状況と考える。

つまりマチ子さんは犯人によって捕縛されていた、または気絶させられたか殺されたかということだ。

犯人があらかじめ家にいたか、押し入ったかは定かではないが、いずれにせよ、マチ子さんは何者かの
手によりそのような状況に陥ってしまったのではないか。

そして、謎である枕とタオルケットだが、そうなるとこれらを持ちだしたのは犯人しかあり得ない。

犯人は事件を隠ぺいするため、マチ子さんを家から車の後部座席へと運び出した。
しかし、車の後部座席で横になった女性というのは、かなり奇異な光景だ。
誰かに見られた場合、不審に思われるだろう。記憶にも留まり易い。
それを危惧した犯人は枕とタオルケットを持ちだした。つまり、寝ているように偽装工作したわけである。
また、同時に着衣している衣類も隠すことができる。タオルケットが誰のものかというのは犯人にとってどうでもよく、
適当に持ちだしたのではいか。(掛け布団では大げさすぎるというのもある)

バッグはついでに持ち出したか、もしくは目当てのものが入っていたか・・・
鍵をかけないで行ったのは、鍵の在処がわからなかったか、現場を少しでも早く立ち去りたかったか…
失踪に見せかける意図はハナからなく、ただただ、マチ子さんの身柄を運び出すということに
尽力したとも取れる。

以上が自分の見立てである。 

ふと、思ったのだが、室内やドアノブの指紋などは採取したのだろうか?
事件になっていない以上、そこまでの捜査はしていないか?
明らかに異常な状況であるにも関わらず、大分県警がそういった捜査をしていないとすれば、
ただただ残念である。

光永マチ子さんに関する情報提供は以下まで
 
日出警察署
〒879-1502 速見郡日出町大字藤原字友田2277番地2
電話番号 (0977)72-2131