事件でも何でもないのだが、最近ちょっと・・いや、かなり気になっているものがある。
謎を追うものとしては、調査せずにはいられなかったのでここに取り上げてみようと思う。
それはいったい何なのかというと・・・


亞書1
アレクサンドル・ミャスコフスキー
亞書刊行會
2015-02-23




この本である。亞書というタイトルで、Amazonでしか販売されておらず、
値段が64800円という本にしては異常な値段である。
96まで巻数があるのだが、どれも1点しかないというのも不可解。
なんといっても表紙が不気味ではないか。不吉な感じがしてならない。
どういった本なのかなどなんの解説もなく、
わかっているのは作家は「アレクサンドル・ミャスコフスキー」という人物。
名前からしてロシア人ぽいが、検索してもそれらしき作家が出てこない。
この本しか書いていないようだ。
ロシア語で検索すると同姓同名が多すぎて探しようがない(そもそもロシア語が分らない)

また「亞書刊行會」なる所が編纂らしいが、これも実在しない会社のようだ。
またこれを検索すると国会図書館のページがヒットし、詳細な情報が見えた。
それが以下である。

Книга "ℵ" = 亞書 no 1
Александр Мясковский 著,亞書刊行會 編纂
 
詳細情報

タイトル Книга "ℵ" = 亞書
著者 Александр Мясковский 著
著者 亞書刊行會 編纂
著者標目 Miaskovskii, Aleksandr
出版地(国名コード) JP
出版地 [出版地不明]
出版社 ユダ書院
出版地 東京
出版社 りすの書房
出版年 2015
大きさ、容量等 1冊 (ページ付なし) ; 22cm
注記 監修: ニコライ・メドヴェージェフほか
ISBN 9784908119675
価格 60000円
巻次 no 1
別タイトル 亞書
出版年月日等 2015.2
NDLC HP9
対象利用者 一般
資料の種別 図書

正式にはКнига "ℵ" = 亞書というようだ。
Amazonにあるのは別タイトルということになる。
著者はロシア語でアレクサンドル・ミャスコフスキーであるようだ。
次に出版地と出版社が2つづつあるのだが、これもよくあることなのか?
一つはユダ書院。Amazonではこのユダ書院から各言語に翻訳された聖書が出ている。
これも破格の値段。ただ、会社自体のホームページなどは一切存在しない。
鍵になるのが「りすの書房」だ。こちらはちゃんとホームページが存在している。
ただ、会社の概要を見る限り、無店舗型だそうで、会社の住所を検索すると
グーグルマップではなぜか床屋が出てくる。デタラメか?
※2015/10/28 実際に行った人の報告によると、理容室の扉に小さく「りすの書房」とあったとのこと
 
監修はニコライ・メドヴェージェフという人。これもロシアっぽい。
やはりこちらもそれらしき人物がヒットしない。
ただミャコフスキーとメドヴェージェフはいずれもロシアの作曲家に似たような名前がいたのが共通している。

国会図書館に登録があるということは、読みに行けばいいのであるが、某掲示板にて行った人の報告によ
ると、登録だけあり、現物はないとのこと。
そんなおかしな話はあるのだろうか?

私は実際に国会図書館に現物はあるのか問い合わせをしてみた。
その返答が以下である。

岩間ケイ様

国立国会図書館 収集書誌部 国内資料課の○○と申します。

お問い合わせの資料はすでに当館に到着しておりますが、現在目録を作成中のためまだご覧いただくことはできません。

お送りいただきました国立国会図書館サーチのページ
の右上に表示されているリンクからNDL-OPACをご覧いただき、

「所蔵確認/各種申込み」の下にある
 「-所蔵場所ごと その他:利用不可」
  が
 「-所蔵場所ごと 東京:本館書庫」
  となりましたら、ご覧いただくことができます。

数日後に、再度NDL-OPACにてご確認いただけますでしょうか。

よろしくお願いいたします。


どうやら、あるみたいだが、見ることはできないみたいだ。
まぁ実際に買ってしまえば終わる話なのだろうが・・・もうしばらくはミステリーに浸っていたいので、
あれこれ考えてみたい。

まずは、唯一の手掛かりとなる「りすの書房」を探ってみよう。 





つづく