新たな謎というか、気になるのはユダ書院から出ている「言語別聖書集成」に関してである。


言語別聖書集成と検索するといくつかAmazonのサイトが出てくるのだが、全て消えている。
この消された聖書はキャッシュでまだ見れるのだが、全てに共通することとして「新品」なのである。
そして、現在Amazonで売っている残りの言語別聖書集成は、全て中古品だ。
なぜ新品だけ消したのか?
ここからは憶測であるが、恐らく「亞書」を一気に削除した際、ついでに消したのではないだろうか。

現在、Amazonで木曜社(御山のきつねは除く)の作品と「ウルトラ飛んで」はかろうじて引っかかるも、
在庫切れの状態。
本店も再開未定の休業に入っていることに合わせて、なのだろうか?

で、気になるのはこの
中古品という点。これなのだが、どこが売っているかというと岐阜県にある
買取専隊エース」というリサイクルショップ。

ここが聖書を大量に買い取ったという事になる。現在、この店からはAmazonマーケットプレイスにて、
聖書それぞれの値段に関係なくほとんどが20000円で計36冊売っている。
誰が売ったのかはわからないが、仮に誰かが定価で買ったとすると、少なく見積もっても
ざっと200万は超える。
しかも、発売日やらを考えると、買って間もなくすぐに売っているということになるから、
ちょっと考えにくい。

あくまで推測の域を出ないが、これらはユダ書院(りすの書房)が役目を果たして
用済みになった聖書を売却したのではないだろうか?

思うに亞書と聖書は納本用と流通用の1冊づつしか作っていないのでは?と思うのだ。

図書館に納め終わったものと同じもう1冊は用済みということで、Amazonから戻して
買取専隊エースに売っぱらい
足がつかないようにした?
一体いくらで売れたのかが気になるところだ。

現にこの店は2万円で売っているわけなので、それ相応の値段で買い取った可能性はある。

・・しかし、なぜ岐阜県のリサイクルショップに?

このお店の特徴として、現物を送って査定してもらうことができ、更に20点以上なら送料無料という利点がある。
ただ、このようなお店は他にもあるだろう。なぜここなのか?なるべく遠い場所の店舗がよかったのだろうか。
いずれにしろ送料は無料だし、条件さえあえばどこでもよかったとも考えられる。
査定後は銀行口座に振込みらしく、煩わしさもないことから、そのシステムを好んだのだろうか?
※ 追記2015/10/28 買い取りエースの「よくあるご質問」に「アマゾンで売っている商品を中心に
お取扱いしております。」とあった。これが理由だろうか。

ただ、そうだとしても聖書は全部で99冊あるはずなので、他63冊を売却してないのはなぜだろう。
聖書は既に図書館に納入されているわけだから、全部売ってもいいわけだ。

もしかすると、買取エースへ向けた販売実績(市場価格の提示)としてあえて全部売らず、
Amazonで流通させていたのかもしれない。なので、今後も小出しで売られる可能性はある。

つまり、図書館の代償金と中古買い取りの両方で錬金が可能というわけだ。


問題はいくらで買い取ってくれるのかだが・・・調査してみよう。




つづく