続報です。

 
なぜこんな形で!? 東京都日野市三沢にある通称「高幡山」で26日夜、両手足が縛られた子供の全裸の首つり遺体が発見された。亡くなっていたのは市内に住む小学4年生の男児(10)。第一報を聞く限り猟奇殺人事件が連想されたが、警察は早々と「自殺が濃厚」と判断した。10歳の男児が、なぜこんな奇妙な形で命を絶ったのか? 動機は? あまりに不自然な自殺の背景を探ると、驚きの証言とともに、男児の風変わりな“学校生活”が浮かび上がった――。
 男児の遺体は京王線高幡不動駅から程近い、通称「高幡山」と呼ばれる小山の斜面で発見された。男児は26日午前11時ごろ、母親に「遊びに行って来る」と告げたきり、行方不明に。夕方になっても戻らず、心配した母親の通報で警察が捜索した結果、変わり果てた姿で見つかった。
 死因は窒息。同所で首つり自殺を図ったものとみられるが、当日は気温が低かったにもかかわらず、遺体はなぜか全裸で、両手足はビニールひもで縛られていた。衣服は近くに畳んで置かれており、遺書などは現時点で発見されていない。
 このところ子供たちが犠牲となる事件が相次いでいるだけに、自殺に見せかけた猟奇殺人も連想されたが…。警察は早々に「自殺の可能性が濃厚」と判断。捜査関係者によると、遺体に争ったり服を脱がされたりした形跡はなく、第三者の介在が確認できなかったためだという。
 近隣住民も「夜の高幡山で人の出入りはほとんどない。複数人が現場にいたなら、この時期は落ち葉が多いので歩く時に音がするはずだが、そんな気配はなかった」と証言する。
 ネット上では「両手両足を縛られて、どうやって自殺するんだよ」という意見も飛んでいるが、縛ったヒモは緩く、自由は確保されていた。また現場は斜面になっており、ヒモを首にめり込ませて前に倒れれば負荷がかかる状態だった。
 気になるのは動機だ。男児の母親は「特に変わった様子はなかった」。父親は本紙取材に「話すことはない」と答えた。
 男児は両親と妹の4人家族で、昨年1月に同所に引っ越してきた。近所付き合いは希薄で、驚く人が大半だった。だが、男児の通っていた小学校ではさらに不思議な話が飛び出した。
「今日、先生に『○○君が亡くなった』と言われたけど、全く知らない子だった。いたらしいんだけど、みんな『誰? 誰?』という感じだった」と同級生の“はずの”女児は話す。
 それもそのはず。男児はこの小学校に籍を置きながら、都内にあるNPO法人が運営する学校に通っていたからだ。同校は生徒の自主性を尊重し、最終的に宇宙とつながることを目的とした教育法を取り入れている。
 学籍について同校ホームページによると「出席に関しては、本校での出席が在籍校の出席として認められる場合もありますが、たいていは長期欠席、不登校扱いになっています」という。また卒業については「義務教育期間に関しては、すべての子どもに卒業証書が在籍校から発行されています」。生徒数は約160人で、芸能人の出身者もいる。
 小学校に通いながら塾通いする子供は多いが、この男児はそんな一般的な4年生とは、かなり変わった生活をしていたようだ。
 両親も男児とともに同校に通い、25日には学校祭にも参加。取材に応じた同校関係者は「(男児は)いつもと変わらない様子で、ろうそくに火をともして飾るキャンドルワークを行っていました。なぜ自殺したのか見当もつきません。むしろ教えてほしいくらいです」と唇をかんだ。いじめを受けていたり、精神的に不安定だった報告はないという。
 一方で、同校近くの住民からは「あそこの学校は親同士の仲はいいけど、生徒同士が笑顔で話しているところはあまり見ないんですよね」という奇妙な声も聞かれる。同校ではケータイは禁止で、テレビやインターネットも推奨していない。生徒のなかにはそうした環境を望み、自らの意志で同校を選ぶ者もいれば、親が入学を決めてしまうケースもある。
 男児は一体何を思い詰めていたのか――。

以上、東スポからの引用。

調査の結果、男児はどうやらNPO法人の東京賢治シュタイナー学校とやらに通っていたようだ。
というのも25日に学校祭を行っているフリースクールは近辺ではここだけの模様。

フリースクールに通っていたのだとすると、イジメはなさそうに感じるが・・・。
そもそも、いじめられていたり、不登校の子が通うのがフリースクールなわけで、
更にここでいじめられるとは、ないとはいえないが可能性は低いのではないか?

ただ、いじめではないにせよ、自殺したと見られる子は元々の学校で何か問題を抱えていたのだろうか?

だが、記事によると男児は元の学校ではほとんど認知されていなかったらしいので、
ほぼ学校には登校していないと思われる。ということは問題が起きようもないのでは・・・。

仮にそういった原因であったとしたなら、単に近所の高幡不動のフリースクールという選択もある。
また日野周辺のフリースクールは他にもある。

そちらへは行かせず、あえて「東京賢治シュタイナー学校」に行かせたのには何か理由があるのだろうか。

考えられることとしては、シュタイナー教育とやらを親が受けさせたかったというのがある。

また自殺だとすると、わざわざ全裸になって死んだのは、ここの教義と何か関係があるのだろうか?
こちらの学校ではないが、他のシュタイナー教育を教える学校では、普段着用する衣類の
素材にまで指定があったりするところもあるようだ。

全裸で死んでいたのは服を着ていたら宇宙に行けないとか、独自の精神世界に基づいた理由だろうか?
それだと手足を縛る理由が解せない。宇宙に行くイメージだとするなら、木に縛ってしまうのはおかしい。
また、ルドルフ・シュタイナーの神智学には自殺は否定的なことと捉えられているから辻褄が合わない。

(以下引用)

不自然な手段を用いて肉体を捨てた自殺者は、肉体に係わるすべての感情が

そのまま魂の中に残されている為、突然、穴が空けられてしまったと言う感情が苦悩を

生み出す。

また、それに加えて、自殺の原因となった充たされぬ欲望と願望が、苦悩を生み出す。
 

それとも何か独自の教えがあったのか?

また、素朴な疑問としてテープに指紋はなかったのだろうか?
男児のものだったからこそ、自殺と判断した?でも、指紋の鑑定結果ってそんな早く出るものなのか。
とある情報によると鑑定結果は最短3日はかかるようであるから、このタイミングでの判断はあまりにも早計だ。
何か警察に自殺としたいわけがあるのか?

考えられるのは警察の身内が犯人だったり、はたまた宗教関係か・・・。
確かに、死亡している現場のイラストを見ると何か儀式めいたものを感じる。

hi

そして、30度の傾斜・・・微妙な角度ではあるが、とりあえず即死はできない角度だ。
下手をすればただ寝そべるのと変わらないのでは?
これで死のうとするならば相当の覚悟と執念を感じる。
自らの力を加えねば中々難しいのではないのだろうか。
それも10歳の男児がだ。よほど、体重があったのだろうか?

それとも、報道されていない自殺と確信できるような情報が現場にあったのだろうか。

とりあえずは続報を待つしかないようだ。