兵庫県加古川市加古川町友沢、加古川の中州付近で12日、大阪府吹田市豊津町、アルバイト大山真白さん(20)の遺体が見つかり、兵庫県警捜査1課は14日の司法解剖の結果、頭部に鈍器のようなもので殴られた傷が複数あったと発表した。県警は殺害後に遺棄されたと断定し、加古川署に捜査本部を設置した。


 捜査本部によると、大山さんの遺体が見つかったのは12日午前10時40分ごろ。中州付近にうつぶせで浮かんでいるのに中学2年の男子生徒が気付いた。発見時、靴や上着は身に着けておらず、白のニットと黄土色のショートパンツ姿で、所持品はなかった。

 司法解剖の結果、頭部には約10カ所の挫創があり、うち数カ所は骨折していた。死亡推定時期は今月10日ごろという。

 今のところ6日朝にアルバイト先の勤務を終えた後の生存は確認されておらず、加古川市との接点も分かっていない。捜査本部は同日以降の足取りを詳しく調べるとともに、犯行現場や凶器の特定を進める。

 大山さんは岡山県の出身。地元の高校から神戸市中央区の専門学校に進み、今年春に卒業した後は吹田市で1人暮らしをしながら声優の養成所に通っていた。6日に家族がメールを送ったが返信がなく、11日午後、岡山県警に行方不明者届を出していた。

 県警は13日朝から、遺体が見つかった現場付近の河川敷などを捜索し、女性用の靴を発見。大山さんがはいていたものか確認している。吹田市の自宅に荒らされた形跡はなかったという。

 現場はJR加古川駅の西約2・7キロの国道250号沿い。

d_08647022

捜査1課長ら会見一問一答

兵庫県加古川市の加古川中州付近で12日に遺体で見つかった大阪府吹田市のアルバイト大山真白(ましろ)さん(20)について、兵庫県警捜査1課は14日夜、殺害後に遺棄されたと断定、殺人と死体遺棄容疑で加古川署に捜査本部を設置し、大松光寿捜査1課長らが会見した。主なやりとりは次の通り。

 -遺体の状況は。

 「解剖結果によると、脳挫滅および外傷性脳くも膜下出血。原因は頭部への打撲による頭蓋骨の骨折があった。頭部にへこんだような傷が大小約10カ所認められた」

 -凶器は。

 「今後の捜査で明らかにしていく」

 -死亡推定時期は。

 「10日ごろと推定。時間は未定」

 -大山さんが最後に目撃された時間帯と場所は。

 「6日午前8時ごろ、アルバイト先の飲食店の勤務を終えて店を出られた時間が最終」

 -傷10カ所のうち、骨折の数は。

 「数カ所、頭蓋骨が骨折している。詳細は差し控える」

 -頭部以外の外傷は。

 「ないといっていい」

 -凶器は硬い物で何者かに殴られた?

 「そう。硬い物で」

 -傷が人為的と認める根拠は。

 「傷の状況から。一番の根拠は複数あるという点」

 -遺体が遺棄された場所は。

 「そこは今後の捜査で。現時点でなんともいえない」

 -傷はすべて人為的なものか。

 「そうだ」

 -遺留品は。

 「証拠品に関しては差し控える」

 -殺害場所は。

 「今のところ特定できていない」

 -亡くなられた女性が加古川に来た形跡は。

 「捜査中」

 -遺棄の時間帯は。

 「特定できない」

 -頭の傷は右か左かに集中しているか。

 「秘密の暴露に関わるので差し控える」

 -自宅が荒らされていた形跡や無くなった物は?

 「詳細は差し控えるが、目立って荒らされた形跡はない」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 要点を纏めると・・・

被害者・・大阪府吹田市在住の20歳の女性。専門学校を卒業後、声優を目指し養成所に通っていた。

被害者の職業・・飲食店アルバイト(牛丼屋)

最後の目撃・・6日午前8時ごろ

遺体発見時刻・・12日午前10時40分。

遺体発見現場・・加古川。うつ伏せで浮かんでいた。

遺体発見時の服装・・靴や上着はなし。白のニットと黄土色のショートパンツ姿で、所持品はなし。

死亡推定時期・・10日頃。時間は不明。

死因・・頭部を十数か所殴られたことによる脳挫滅および外傷性脳くも膜下出血。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

死因をみるに、被害者に対し恨みがあったか、
または、気の小さいものが、被害者を確実に殺す為に何度も殴打したって線か。
頭蓋骨を凹ませるほどの打撃を追わせることができるってことは、犯人は男性か?
女性の可能性もなくはないが、その場合かなり重いものを凶器としたか。
今のところどっちの線もあり、また、この時点では単独犯なのか複数犯なのかも判断できない。

朝に遺体が見つかっているということなので、遺棄は人気のない深夜から早朝だろう。
被害者の住む吹田市から結構離れている加古川で発見されているのはちょっと気になる。

また死亡推定時刻は10日のようだが、6日に家族がしたメールに返答がないってことは、
この段階で自由に身動きが出来なかったか?
そうなると4日間近く、そんな状態だったということになる。監禁されてのだろうか。
もしくは単純に携帯を失くしたか壊れていたとも取れるが・・。

靴と上着がないってことは、殺害されたのはどこかの室内だろう。

どこかの室内で殺され、車で遺体を運び遺棄した線が濃厚か?
交友関係を洗えば解決しそうなものだが、逆にここで犯人が上がらないと難航しそうだ。

続報を待ちたい。

※記事を書いた後、すぐに続報が入った。

兵庫・加古川市の川で、女性の遺体が見つかった事件で、遺体の近くで発見された靴が、女性のものだとわかった。警察は、女性が屋外で殺害された疑いがあるとみて、捜査本部を設置して調べている。


中州のあたりで靴が見つかった模様。
ただこれは単に遺体を遺棄してから、靴も放り投げたかもしれない。
遺体が靴を履いていたのならいざ知らず、この状況では屋外で殺害されたと見るのはまだ早計だろう。
上着がないのも不自然だ。今後見つかるかもしれないが。
所持品というか、携帯がないのは顔見知りの犯行ということか?

兵庫県加古川市の川で20歳の女性が殺害されているのが見つかった事件で、女性は遺体発見現場とは別の場所で遺棄され、流されてきた可能性があることが警察への取材で分かりました。


上流で遺棄し、流されてきたとの見解も。そうなると靴は流されている時脱げたってことか?
ニュース映像を見ると橋から落としたってパターンもありそうだ。

大山さんの手などには抵抗した際にできる傷は見つかっていないということで、警察は突然、殴られた可能性もあるとみて捜査しています。


一撃食らった段階で、抵抗する間もなく失神したか、死亡したのだろう。
この時点ではまだ通り魔か顔見知りかの区別はつかない。

一つ言えるのは犯人は遺体を隠そうとしていない。川に遺棄すれば見つかるのは時間の問題である。
山中などに埋めたりという時間がなかったのであろうか。
つまり、学校に通っていたり、会社勤めの人物か?。
また、そうなると計画性のない、突発的な犯行ということが窺がえる。

衝動的に殺害するも、遺体をその場に放置できないが、隠している時間もないので、
やむを得ず、川に遺棄。という短絡的な犯行に見える。 

そうなると、やはり車内や屋内での殺害という線が強いように見えるのだが・・。
屋外の場合、どちらにしろいずれ見つかってしまうのだから、わざわざ川へ運ぶのは変だ。

また、遺体をどこからか車内へ、そして車内から川へ運んだとなると、女性一人では無理だろうから、
女性の場合、誰かの協力が必要だ。

仮に屋内で殺された場合、わざわざ靴を一緒に持って行ったということになり、
そうなると上着は何故持っていかなかったのか?ということになるが、
まだ発見されていないだけで今後の捜索で見つかる可能性があるかもしれない。
もしくは犯行現場が靴を履くような屋内、、事務所的なところなど、そういった特殊な場所だった可能性もある。

続報を待つ。