続報。

兵庫県加古川市の加古川でアルバイト大山真白さん(20)=大阪府吹田市=が遺体で見つかった殺人・死体遺棄事件で、大山さんが知人男性と金銭などをめぐりトラブルになっていたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。兵庫県警加古川署捜査本部は、事件との関連を慎重に調べている。
 捜査関係者によると、大山さんは男性に貸した金が返済されず、無料通信アプリ「LINE」などで周囲に相談していたという。
 捜査本部によると、大山さんは右頭部を中心に鈍器のようなもので殴られた傷が約10カ所あり、うち数カ所は骨折していた。頭部が集中的に狙われ、抵抗したような形跡もないことから、犯人が強い殺意を持っていきなり襲ったとみて捜査。交友関係を確認する中で知人男性とのトラブルが分かったという。また、12日に遺体が見つかった加古川市加古川町友沢の中州付近にあった女性用の靴は大山さんのものと確認された。ほかの所持品は見つかっておらず、捜査本部は16日も範囲を広げて捜索を継続、遺棄現場などの特定を進めている。



どうやら知人男性と金銭トラブルがあった模様。
この知人男性とやらが、事情を知っている可能性が高そうだ。
気になるのは空白の4日間。このタイムラグが謎だが、6日の段階で家族にメールの返信が
できなかったというから、監禁されていたか?そうなると4日近くも人知れず監禁していたわけで、
犯人は職を持っていないか、もしくは見張りがいたか?

仮に金銭トラブルが原因だとすると、返済を迫った被害者にカッとなった末の衝動的な犯行だと思うので、
監禁のイメージが余り湧かない。
9日にアルバイトを無断欠勤していたということで、
犯行が行われたのは7から8日あたりだとすると、長時間遺体を保管している時間があるわけで、
隠ぺいできる余裕がありそうなものだ。
色々考えあぐねた挙句、面倒になり諦めて川へ遺棄したのだろうか?

被害者の冥福を祈るとともに、事件の早期解決を願う。