容疑者が捕まりました。

去年8月、東京・中野区のマンションで、劇団員として活動していた25歳の女性が殺害された事件で、警視庁は、当時近くに住んでいた37歳の男が事件に関わったとして、福島県内で殺人の疑いで逮捕しました。警視庁は男の身柄を警視庁本部に移し、調べを進めています。
この事件は、去年8月、東京・中野区のマンション2階の部屋で、この部屋に住むアルバイト店員で、劇団員としても活動していた加賀谷理沙さん(当時25)が、首を絞められて殺害されているのが見つかったものです。
これまでの調べで、加賀谷さんは、遺体で発見される前の日の去年8月25日の未明に帰宅した直後に殺害されたとみられ、自宅からはバッグなど十数点が持ち去られていました。
加賀谷さんの爪には犯人のものとみられる皮膚の一部が残され、警視庁は付近の防犯カメラの解析を進めるとともに、現場周辺の人物を中心にDNAを調べていました。
その結果、当時近くに住んでいた戸倉高広容疑者(37)のDNA型と現場に残されたものが一致したことが、警視庁への取材で分かりました。
警視庁は、戸倉容疑者が事件に関わったとして、12日午前7時すぎに福島県内で殺人の疑いで逮捕しました。
戸倉容疑者は午前9時半すぎに捜査車両で警視庁本部に入り、警視庁は事件の動機やいきさつなどを調べることにしています。

 昨日午前、まさに寝耳に水といった感じで、急に逮捕の情報がぶっ込んできたのだが、
諸々落ち着くまで更新は控えていた。

犯人は以前付近に住んでいた37歳の男で、風貌などを見る限り、自分の思い描いていた犯人像からそう遠くはなく、驚きはあまりなかったのが正直なところである。

衣類を盗んだ理由などまだ気になる点は多いが、鍵はどうやって開けた?という疑問は下記記事で吹き飛んだ。
 東京・中野区で劇団員の女性が殺害された事件で、逮捕された男が、「事件が起きた頃は引っ越しの準備で東京に来ていたが、現場に行っていない」などと供述していることが分かった。  警視庁によると逮捕された福島県矢吹町の戸倉高広容疑者(37)は去年8月、中野区のマンションで、劇団員の加賀谷理沙さん(当時25)の首を絞めて殺害した疑いがもたれている。  捜査員が先月中旬に福島にいた戸倉容疑者を訪ねた際、戸倉容疑者は「6月に会社を辞めてその頃に福島に来た」と説明したが、その後の調べで、戸倉容疑者は事件直後の8月末に引っ越しの手続きを始め、9月に引っ越していたとみられることが分かっている。  戸倉容疑者は逮捕後の調べに対し、「事件が起きた頃は引っ越しの準備で東京に来ていたが、現場に行っていない」などと話し、容疑を否認しているという。  また、警視庁は12日、福島の自宅を捜索したが、事件現場から持ち去られていた加賀谷さんのバッグなどは見つからなかったという。  当時、戸倉容疑者は、加賀谷さんの自宅から約400メートルのマンションに住んでいたが、以前勤務していた不動産会社も加賀谷さんのアルバイト先から約300メートルの場所にあったという。  ただ、事件現場に残されていた加賀谷さんの携帯電話に戸倉容疑者の連絡先はなく、これまでに2人の接点は確認されていないという。

やはり、この男、不動産会社に勤務していたようだ。
恐らく二つのマンションの合鍵を複製し、持っていたのではないだろうか。無敵である。
やりたい放題な状況だったかもしれない、恐ろしい。不動産屋など、こんな男が最も就いてはいけない職業である。
 
また、一部情報によると、リモコン盗難事件の被害者と犯人は同じマンションに住んでいた模様。
なるほど、それならどうやって部屋を知ったかも合点がいく。
そして、容疑者は加賀谷さん殺害後ほどなく引っ越しており、確かにそれであれば、近隣住人のDNA採取にも引っかからなかったのも頷ける。ただ、引っ越したとしても当然、警察がそれを知れば、その人間を追うはずで、この手の事件でのローラー作戦の破壊力は伊達ではないと思わされた、が、もし、容疑者が別のマンションなどに住んでいたら解決にもう少し時間を要したかもしれない。

現在容疑者は容疑を否認していると言うことで、この後の動向にも注目したい。

とりあえず、捜査に当たった方々、お疲れ様と言いたい。
迷宮入りかと囁かれていたこの手の事件が解決したのは、最近では珍しいことではないだろうか?
流石は警視庁といったところである。