ブルータルな事件が起きました。
東京・目黒区にある碑文谷公園の池で人の足のようなものが浮いているのが見つかりました。警視庁は死体遺棄事件の可能性もあるとみて詳しく調べています。
 23日午前10時半ごろ、目黒区の碑文谷公園で「池に人の足のようなものが見える」と近くの交番に届け出がありました。警察官が駆けつけたところ、池に人の足のようなものが浮いているのが見つかりました。
 「夜中は静か。時々、騒いでいる人がいる。初めてこんなの」(近所の人)
 池の深さは1メートル前後だということで、警視庁は死体遺棄事件の可能性もあるとみて詳しく調べています。現場の公園は東急東横線・学芸大学駅から南西およそ300メートルの住宅街にあります。(23日13:38)

補足情報として、

東京の碑文谷公園で人体の一部が発見

右足が浮いているのを通行人が発見し通報
警察が人体の一部をくわえているカメを発見
現在5つのパーツが見つかっていてる
頭部は一部白骨化

公園は封鎖中   

(ソースは2ちゃんねる)

とのことです。

白骨化ということから、遺棄からだいぶ時間が経っているのでしょうか?

※追記(6/24)

白骨化は4~5日でもするby上野正彦氏

なので、遺棄されたのは割と最近かもしれませんね。

まぁ、バラバラ殺人なんてのは、猟奇的なイメージがありますが、運搬の為という理由が最たるものではないでしょうか?本件も、腐敗が進んでいたということですから、悪臭に困り、やむなく解体→遺棄という流れでしょうか?

ただ、胴体が見つかっていないのは謎ですね。腰の部位は見つかっているということなので、単純に重いからか、運搬の際、臓器などが漏れそうだからとかそういう理由でしょうか。なので非力な老人や女性の可能性も高そうです。

頭部が見つかっているので、被害者は割とすぐ特定できそうです。
なので、被害者の身の回りを洗えば、事件は早期にも解決すると思われます。