東京都目黒区の区立碑文谷公園内の池で切断された女性の遺体が見つかった事件で、警視庁碑文谷署捜査本部は27日、遺体が世田谷区野沢の無職、阿部祝子(ときこ)さん(88)と判明したと発表した。阿部さんは1人暮らしで、家族と19日夜に自宅マンションで会って以降、連絡がつかなくなっていたといい、捜査本部が当時の詳しい経緯を調べる。

 捜査本部によると、26日昼に阿部さん宅を訪れた清掃用具レンタル業者が、阿部さんと連絡がつかないと警視庁に連絡。阿部さん宅を管轄する世田谷署員が別の場所に住む阿部さんの家族とともに室内に入り、不在を確認した。

 阿部さんには歯の治療歴があるなど、今回見つかった切断遺体の特徴と一致する点があった。捜査本部がマンション室内から採取した阿部さんの微物をDNA型鑑定したところ、遺体のものと合致したという。

 レンタル業者は、20日午前にも阿部さん宅を訪れていたが、このときも阿部さんと連絡がつかなかった。阿部さんと事前に約束をして設定した日だったといい、捜査本部はこの時点で阿部さんが事件に巻き込まれていた可能性が高いとみている。


追加情報

・被害者は19日に息子夫婦と会っていた
・19日20時頃に息子夫婦を見送る姿がエントランスの防犯カメラに映っており、それが最後の目撃情報
・20日の午前9時頃にレンタル業者(清掃業者?)が訪れたときには連絡がつかなくなっている
・被害者が20時以降にマンションを出る姿が防犯カメラに映ってないことから、空白の13時間が存在する
・被害者の右上腕部が見つかっていない。また30cm~50cmの皮膚片が見つかった
・犯人は公園の西側の鳥居のある場所から入った可能性が高い

以上、グッディからのまとめ





事件の様相から、江東区マンション神隠し殺人事件を思い出すのは私だけではないだろう。
今回は被害者が早めに見つかったものの、見つからなければ、同じような流れである。

つまり、同じマンション内に犯人がいる可能性は濃厚。

20日深夜から23日朝方にかけて大きな荷物を持った人間が防犯カメラに映ってないだろうか?
いや、大きな荷物でなくとも、遺棄を複数回に分ければリュックサック程度のものでも可能か。
ただ、犯人は出来る限り早く遺体を手元から放したかったように思えるので、一度に運んだとも思える・・も、被害者は40キロ以上あるということである。
ウチにダンベル20kgx2があるのだが、結構重いが持てないことはない。
女性ではどうか?非力でなければスーツケースのようなものがあれば可能かもしれない。

だが犯人がマンション住人ならば、防犯カメラの存在は知っているわけで、例えばそういったスーツケースやキャスターのついたものや、大きめのリュックを背負って運んだとすれば、当然怪しまれるわけで、そうなると複数回に分けた可能性もある。

※6/29 追記
非常階段には防犯カメラがないようだ。ここを使った場合、逆にいえば防犯カメラのある駐車場を使用したとは考えにくく、徒歩で捨てに行ったかもしれない。しかし40kgを持って600メートル歩くのは至難の業。2度に分けた可能性もある。2日に分けた可能性も大いにある。

いずれにしろ、マンション中を洗えば解決するであろう。
その前に犯人は自首することをお勧めする。

詰みである。