続報です。

東京都品川区の京浜運河でスーツケースに入った女性の遺体が見つかった事件で、警視庁捜査1課は7日、遺体は中国籍で住所、職業がいずれも不詳の楊梅(よう・ばい)さん(34)と発表した。入国管理局に登録された指紋で判明した。同課は死亡した経緯などを調べる。
 同課によると、楊さんは2013年9月に技能実習生として入国し、京都府内の自動車部品製造会社に勤務していた。勤務先が14年3月、「会社の寮からいなくなった」と京都府警に届け出た。
 遺体が入ったスーツケースは6月27日、品川区東品川2の京浜運河で見つかった。司法解剖で死因は特定できなかったが、死亡から1週間ほど経過していた。目立った外傷はなかった。
 スーツケース内には重りとみられる大きな石も入っており、同課は遺棄した人物が発覚を免れるために入れたとみている。 
時系列

2013年9月 被害者が京都府内の自動車整備工場に勤務
2014年3月 被害者が失踪
2016年6月 被害者の遺体を京浜運河で発見 

気になるのが、14年の3月、今から約2年4カ月ほど前に被害者の勤務先から失踪したという旨を京都府警に届け出ている点。
しかし、死亡したのは今年の6月20日頃・・・その間は人知れず暮らしていた?

目立った外傷がないということは・・・窒息死、溺死、毒による死亡、病死等色々考えられるが、
石が詰まっていたということで、何者かが被害者の遺体(その時は、生きていたかもしれないが)が見つからないよう隠蔽工作を図ったのは間違いないだろう。