12日午後6時45分ごろ、千葉県酒々井(しすい)町上本佐倉1丁目の住宅で、切断されたとみられる遺体の一部が室内にあるのを、住人の知人の通報を受けた警察官が発見した。県警によると、この住宅には男性(21)と姉(25)が住んでいるが、男性の行方が分かっていないという。県警は、この男性の遺体の可能性があるとみて身元の確認を急ぐとともに、死体遺棄や死体損壊容疑で調べている。


 県警によると、見つかったのは頭部と左右不明の足で、それぞれ別のポリ袋に入っていた。遺体の性別や年齢は不明で、刃物のような物で切断されたような痕があったという。

 この日午後3時45分ごろ、男性と8月末ごろから連絡が取れないことを不審に思った知人が、県警佐倉署に届け出た。警察官が訪れた際、姉は家におり、その立ち会いのもとで室内を調べたところ、リビングで遺体の一部が入った二つのポリ袋を発見したという。その後、他にも遺体の一部とみられるものが室内で見つかった。県警は、姉が何らかの経緯を知っているとみて事情を聴いている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~逮捕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

千葉県酒々井(しすい)町上本佐倉1の住宅内で切断された遺体が見つかった事件で、県警は13日、この家に住むアルバイト店員、竹内愛美(えみ)容疑者(25)を死体損壊・死体遺棄容疑で逮捕した。県警は、遺体は連絡の取れていない同居の弟(21)とみて身元の確認を急ぐ。
12日午後3時45分ごろ、弟の中学・高校の同級生らが「8月末から連絡が取れない」と県警佐倉署に連絡。署員が駆け付け、家から出ていた竹内容疑者とともに中に入り、リビングで切断された頭や脚、骨が入ったビニール袋を複数見つけた。袋の上には衣類やタオルがかぶせられていたという。
県警や近所の住民によると、姉弟は数年前まで両親や妹と暮らしていたが、父親が亡くなるなどして2人暮らしだったとみられる。近くの女性(78)は「姉は最近、スーパーで働いていた。にこにこして朗らかな人だった」と話した



被害者男性は姉との二人暮らしだったそうで。損壊・遺棄での逮捕なので、殺人かまだ不明なんですね。
事故あるいは病死した弟を解体した可能性もある、と。そんなことする意味も不明ですが。仮に殺人だとすると動機は何なのかな、というところです。また数年前に父親も変死している点が気になりますね。また母親は離婚?死別?他に兄弟はいなかったのか?という点も気になると言えば気になるところ。被害者男性のツイッターも特定されているそうで、色々意味深なつぶやきがあるとかないとか・・・。
また、8月末から被害者男性と連絡が取れないということは、遺体は少なくとも2週間近くは家の中、恐らく冷蔵庫の中に保存されていたということになりますが・・・なぜそんな長期間、彼女は弟の遺体を保存していたのでしょうか?
一部は室内にあったということは、近いうちに遺棄する予定だったのでしょうか?
もしくは少しづつトイレに流していたという線も無きにしも非ずですが、現状は下手な詮索はせず、今後の捜査の行方を見守るとしましょうか。



兄弟をバラバラにする事件といえば、渋谷区短大生切断遺体事件真っ先に思い浮かびますよね。
兄が妹を殺害の後バラバラにした事件で、動機は姉に「夢がない」と言われた弟が腹を立てその姉を殺害した事件とされてますが、一部では妹への倒錯した愛情が齎した悲劇といったような噂も実しやかに囁かれています。

こういった死体損壊事件、所謂バラバラ事件というものは、バラバラにするという手法・行動だけを持ち上げると残虐的で、そんな遺体がどこかに遺棄されてるもんなら、想像するだけでおぞましく、猟奇的な印象が非常に強いのですが、その実は「隠蔽・運搬する為の手段」という様式に当てはまることもこれ事実として多々あるわけです。死体の損壊をやむを得ずする、あるいは嬉々とするといった犯人の心理状況によってもその意味合いはまた変わってくると思うのですが、下記に紹介する大阪門真市舟田町バラバラ殺人事件(勝手に命名)は、今回発生した事件と似通うところがあり、隠蔽する為の死体損壊という範疇を超えるような、ある種の精神異常から由来する、本当の意味での猟奇事件なのではないかなと思うのですが、どうなもんでしょうか。

「こんな遺体は見たことがない。どういう理由でここまでできるのか…」

 大阪府警の捜査幹部が現場の状況に言葉を失ったのも無理はない。事件は序盤から常軌を逸していた。

 昨年12月29日未明、門真市舟田町の森島容疑者のワンルームマンション。遺体を発見したのは、窃盗容疑で家宅捜索に踏み込んだ捜査員だった。

 リビングの冷凍庫には、複数のナイロン袋に小分けされた肉片。そして、浴室では人間の頭蓋骨や背骨、骨盤が液体の張られた浴槽から相次いで見つかった。

 「骨と肉が何らかの方法で切り分けられていた。ただ、一部の肉には骨も混ざっていた状態だった」と捜査関係者は語る。

 さらに現場から約300メートル離れたシェアハウス。森島容疑者が昨年8月から11月まで居住していたこの場所でも、凄惨(せいさん)な遺体の一部が見つかっている。


動機は被害者から借りた金を返せない為にシェアハウスのハウスメイトを殺害。後に損壊し、シェアハウス内に
隠した後、容疑者は引っ越し、その引っ越し先のマンションにも遺体の一部を運搬し、保管していたということ。
何が異常って、遺体をどこかに遺棄、処理したりする猶予が十分にあるのにも関わらず、引っ越し先へ、シェアハウスから少しづつ(?)運搬、保管していたという点。この理由として以下の見方もなされている。

切断された遺体が発見された 29 日には遺体の肉と骨が別々に分けられ保管されていた。
短期間の間に肉が削ぎ落とされ保管されていたことなどから、森島容疑者が人肉を食べていたとの見方もできる。

この事件、以前、私が愛聴しているテレ朝のスーパーJチャンネル内のワンコーナー「真実の行方」でも取り上げられていたのですが、犯罪心理学者もこの事件に対し、他に類を見ない的な発言をしていて、そのことからも特異な事件であると言えよう。

一際、不気味だったのが森嶋容疑者が生まれ育った、広島県福山市の実家だ。

images (1)

かなりの田舎、ほとんど山中にあると言っても差し支えないような場所に打ち捨てられたように
建てられているこの家。今はだれも住んでいないようだが、所々に書かれた七福神のような絵が見受けられる。

images

 
イラストレーターを志していた容疑者本人が描いたものだろうか?不気味以外の何物でもない。
少しわかりづらいのだが、これしか見つけられなかった。TVだとより、奇怪な印象を受けた。
 
動機も金銭トラブルとされているが、それだけではない気がするのは私だけではない筈だ。
非常に闇の深い事件である。