福島県郡山市の山林で5月、郡山市大槻町の警備員岡部大樹さん(25)の遺体が見つかった事件で、殺人と死体遺棄容疑で逮捕された無職、車田和也容疑者(26)=郡山市安積町笹川=が岡部さんに「スイカ割りをしよう」と持ちかけ、目隠しをしたうえで背後からつるはしで襲った疑いのあることが捜査関係者への取材で分かった。車田容疑者は9日に起訴される見通し。
捜査関係者によると、車田容疑者は5月15日、殺害現場の山林まで岡部さんと自分の車の2台で向かい、持ってきたつるはしで岡部さんの頭を殴るなどした疑いがあるという。岡部さんは頭の骨が折れており、体にも複数の切り傷があった。

 車田容疑者は岡部さんの元同僚で、岡部さんの身分証明書を使い、複数の消費者金融から金を借りていたという。借金の発覚を恐れて犯行に及んだとみられている。

 岡部さんは5月15日、車で外出したまま行方が分からなくなった。捜査関係者によると、車田容疑者は同月17日、岡部さんの家族に「岡部さんの車を山林で見つけた」と伝えていた。翌18日、車から約10メートル離れた場所で郡山北署員が岡部さんの遺体を見つけた。県警は8月21日、殺人と死体遺棄の疑いで車田容疑者を逮捕していた。



時系列
5月15日 岡林さんの行方が分らなくなる
5月17日 車田容疑者が
岡部さんの家族に「岡部さんの車を山林で見つけた」と伝える
5月18日 車から約10メートル離れた場所で郡山北署員が岡部さんの遺体を見つけた
8月21日 車田容疑者を逮捕

と、こんな事件なんですが、逮捕まで約3カ月かかりました。

被害者の身分証で散々借金した揚句、発覚を恐れて殺害という非常に身勝手な犯行だと言え、情状酌量の余地はこれ、ないですね。
容疑者は岡部さんの元同僚だというが、どれくらいの付き合いだったのかは気になりますね。
そもそもどうやって岡部さんの身分証を入手したのだろうか、という。
隙をついて取ったということもあり得るにはありえるが、だとすると結構親密な間柄といえよう。
しかし、5月に山でスイカ割りというのも変だと思わなかったのか?
その辺りを見るに、被害者は半ば容疑者の良いなりになっていたような感じにも見受けられるが、あくまでこれは個人的な見解なので、実のところは全く以て不明です。

解決済みの事件ですが、こういった事件も今後は備忘録的に書き留めて行こうかと思う所存です。
被害者のご冥福をお祈りします。