逮捕されてました。

長野県松本市の民家で6月、住人の女性が殺害された事件で、県警松本署などは31日、殺人容疑で夫の会社員山田光則容疑者(53)を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているといい、同署が動機を調べている。
 
逮捕容疑は6月27日午前1時ごろ、松本市梓川倭の自宅で、妻佐登美さん=当時(53)=の首を刃物で切り付けるなどして殺害した疑い。
 同署によると、一家は6人家族。山田容疑者は県内で単身赴任中で、事件前日の26日夜、松本市の自宅で佐登美さんらと夕食を取っていた。
 事件直後の事情聴取に、山田容疑者は「単身赴任先に戻った」と説明していたが、同署が防犯カメラの映像などを調べた結果、単身赴任先に戻った後、再び自宅に向かったことが分かった。 



一家で夕食を食べた後、山田容疑者は単身赴任先に戻ったと見せかけて、自宅に舞い戻り、妻を殺害したということですね。防犯カメラでバレているあたり、計画的というよりか、その日に思いついたような、あまりにもお粗末な犯行ですね。
動機は山田容疑者の浮気と囁かれていますが、そうだとすれば、あまりにも身勝手で無慈悲な犯行です。
また、犯行時、絶叫を聞いた子供たちが母親の元へ駆けつけたそうですから、強盗か何かと思ったことでしょう。
しかし、蓋を開けてみれば犯人は父親だった・・・残された子供たちのことを考えると言葉もないですね。

被害者のご冥福をお祈りします。