9月13日、旭川市のアパートで家族3人が殺害された事件で32歳の娘が生活音に関する相談に加え、交際相手をめぐり、母親と口論になっていたと警察に相談していことが、わかりました。
この事件は、13日、旭川市神居のアパートでこの部屋に住む溝口ゆみ子さん(55)と溝口さんの両親の八木福七さん(80)とテツ子さん(78)が胸などを複数カ所刺され、出血または失血死したものです。

 ケガをした溝口さんの32歳の娘の部屋からは、血の付いた包丁が見つかっています。

 捜査関係者によりますと、32歳の娘は亡くなった溝口さんと、交際相手をめぐって口論になっていたことを警察に相談していたということです。

 また娘からは今年に入り数回、家族間の生活音などの騒音に関して、警察に相談が寄せられていたということです。

 警察は娘のケガの回復を待って、事情を聴く方針です。


◇ 


口論の末、猛り狂った娘が暴走、母、祖父、祖母を皆殺しにしたという顛末でしょうか。
交際相手をめぐって口論の末、母親を殺害、その後、勢いで祖父、祖母を手に掛けたのでしょうか。
しかし、祖父、祖母は口論には無関係だと思われるのですが、もしかすると、騒音に対する憤りがあったのかもしれません。要するについで、といいますか、頭に血が上り見境が付かなくなったのでしょう。口論で生じた怒りが、日頃からの鬱憤に転化してしまい、この機会に纏めて殺害してしまった…と妄想してみたのですが、いかがでしょうか。

先日の千葉県酒々井町上本佐倉バラバラ殺人事件も騒音が原因との噂もあり、この事件もそうだとすると、騒音というのはいかに人を不快にさせるものだということを改めて実感します。