浜松市西区舘山寺町の浜名湖岸で8月末に見つかった人骨は、成人男性のものとみられ、鑑定の結果などから男性は殺害され、遺体を遺棄されたと静岡県警が断定したことが16日、捜査関係者への取材で分かった。浜松中央署と静岡県警捜査1課は同日午後にも、殺人・死体遺棄事件として捜査本部を設置する。
捜査関係者によると、人骨は大きさなどから成人男性と推測され、死後半年近くが経過しているという。肋骨(ろっこつ)や歯の一部なども見つかっているという。

 この骨は8月31日午後、同区舘山寺町の浜名湖に面したマンション付近の浜辺で近隣住民が発見した。現場では捜査員が鑑識活動を行い、見つかった骨の鑑定を進めていた。

 浜名湖では今年7月、住所、職業不詳の男性(32)の切断された他殺体が浜松市北区細江町で発見され、細江署が殺人、死体損壊、遺棄事件として捜査している。県警はこの事件と同市西区舘山寺町で人骨が発見された事件との関連についても慎重に調べる方針。



静岡奥浜名湖バラバラ死体遺棄事件との関連が気になります。
これだけ近い区域で起きているので、同一人物の遺体かと思いきや、

浜松市西区舘山寺町の死体…肋骨 歯の一部 死後半年近くが経過
浜松市北区細江町 の死体…右足 左足 胴体 頭部 死後一週間程度

ということで、腐敗の程度の違いや、見つかっている部位の重複を見るに、別人の死体なのでは、という可能性も十分あり得ます。

続報を待ちたいと思います。