24日朝、新潟県燕市を流れる信濃川で男性の遺体が見つかり、この遺体が新潟県長岡市で20日から行方不明となっていた男子中学生の可能性が高いことが分かりました。

 警察の調べによりますと、午前9時すぎ、新潟県燕市を流れる信濃川で巡視中の作業員が男性の遺体を発見しました。遺体は10代から20代くらいで黒のTシャツ、短パンと黒のスニーカーを履いていました。捜査関係者によりますと、長岡市で行方不明になっていた中学3年生の片桐悠馬君の可能性が高いということです。片桐君は今月20日の早朝に自宅を出て信濃川沿いのマラソンコースに向かったとみられていて、また、黒のスニーカーを履いていたとみられていました。現在、遺体を長岡警察署に運び、確認を急いでいます。

24日午前、新潟県燕市の信濃川の分水路で若い男性の遺体が見つかり、警察は長岡市で行方不明になっていた男子中学生の可能性が高いとみて身元の確認を急いでいる。  警察によると、24日午前9時15分ごろ、燕市大川津の信濃川から分かれた大河津分水路で、うつぶせの状態で遺体が浮いているのを、河川パトロール中の作業員が発見した。110番通報を受け警察が調べたところ、遺体は10代から20代くらいの男性で、目だった外傷はなく、黒いTシャツに短パン、黒色のスニーカーを身に着けていた。  長岡市では、今月20日の早朝から市内の中学校に通う片桐悠馬さん(15)の行方が分からなくなっており、警察が信濃川沿いを捜索していた。警察は遺体が、体の特徴や服装などから、片桐さんの可能性が高いとみて身元の確認を急いでいる。



20日に行方不明になって、4日後に発見ということで、現段階では何とも言えないが、事件の可能性を強く感じた。足を滑らせ溺死したという事故であるならば、警察が信濃川沿いを捜索していたんだから、その時見つかってもいいはずである。それに4日も見つかっていないというのは異常である。しかし目立った外傷はないと。事件とするならば絞殺だろうか。いずれにせよ、検死の結果が待たれる。

追記 8/25
一部情報によると、癲癇持ちだったと。そうなると川辺で癲癇が起きて川へ転落、溺死という線も考えられる。4日間川を流され続けたということになるが・・衣類や靴は脱げていないようだし、やはり現時点では何とも言えない。続報を待つ。