30日夜、熊本市のアパートで男性が血を流して死亡しているのが見つかり、警察は殺人事件とみて犯人の行方を追っています。


 「男性の部屋の下の階に住む人は、大きな物音がしたと話しています」(記者)
 「地震のようにダーンダーンダーンと音がした」(下の階に住む人)

 警察によりますと30日午後9時50分ごろ、熊本市西区のアパートで1人暮らしの満永吉彦さん(59)が頭から血を流して死亡しているのが見つかりました。満永さんの部屋の明かりが昼間からついたままだったのを近くに住む人が不審に思い、警察へ通報しました。

 満永さんの頭には何かで殴られたような痕があり、発見当時、部屋の鍵は開いていたということです。警察は現場の状況などから殺人事件とみて、犯人の行方を追っています。(31日09:40)



状況からして何らかのトラブル、あるいは怨恨?
今後の捜査に期待しましょう。