ニュースを見て目を疑った。13年の時を経て、容疑者が逮捕されました。

13年前、茨城県美浦村で茨城大学の女子大学生が首を絞められて殺害されているのが見つかった事件で、逮捕されたフィリピン人の男のDNAの型が、現場で検出されたものと一致していたことが、捜査関係者への取材でわかりました。

13年前の平成16年1月、茨城県美浦村の川の河口付近で、茨城大学農学部の2年生だった原田実里さん(当時21歳)が首を絞められて殺害されているのが見つかった事件で、警察は、フィリピン人で当時土浦市に住んでいた工員のランパノ・ジェリコ・モリ容疑者(35)を殺人などの疑いで2日、逮捕しました。

これまでの調べで、女子大学生の遺体が見つかった現場からは、複数の人物のDNAが見つかっていたことがわかっていますが、このうちの1つが容疑者のDNAの型と一致していたことが、捜査関係者への取材でわかりました。

また、事件の3年後に出国し、事件に関わった疑いで逮捕状を取っているフィリピン人の男2人についても、DNAの一部が現場近くから見つかった遺留品に付着していたものと一致したということです。

警察は、容疑者と女子大学生の間にどのような関係があるのか、取り調べを本格化させ、詳しいいきさつを調べることにしています。
 
↓追記 9/5
 13年前、茨城大学の女子大学生が殺害された事件で、逮捕されたフィリピン人の男の親族が、男が事件に関与したことを周囲に話していたことが分かった。

 この事件はランパノ・ジェリコ容疑者が2004年、仲間の男2人とともに茨城大学の女子大学生を殺害した疑いなどで逮捕されたもの。捜査関係者によると、ランパノ容疑者の親族が「ランパノ容疑者は人を殺して逃げている」と周囲に話していたことが分かった。

 ランパノ容疑者の知人「(親族が)言いふらしていたらしいですよね。私のお兄さんは人を殺したからどこか隠れているんだよと(言っていた)」

 また事件のあと、別の親族は、ランパノ容疑者が日本にいたにもかかわらずフィリピンにいると知人らに説明していたという。



いやー捕まりましたよ。
逮捕のきっかけはDNAの一致、ということだが、これは容疑者を別件で逮捕?した際に採取したDNAがデーターベース上で引っ掛かった、ということ?事件当時はDNAで外国人による犯行ということは分からなかったのかな?それだけでも分かれば、周辺に住む外国人にローラーをかけるなり出来たかもしれないが、しなかったということは、そこまでは判別できなかったということかな。

それにしても、容疑者、フィリピン人でした。そして、残り二名は国外に既に出国済みで指名手配中と。

原田さんの行動が事件を謎めいたモノにしていたが、蓋を開けてみれば複数犯による行きずりの犯行(?)だったということである。

では、原田さんは結局何をしに外出したのだろうか?単純にコンビニだとか酔いざまし、これらでないとすると事件とは関係ないが、我々の想定外の何らかの用事をしに外出したということは確実で、その道中、不運にも事件に巻き込まれたということである。もしかするとバイト先の店長に会いに行ったのかもしれない。店長はそれに気づいて悔いて自殺?まぁ、これは憶測であり、今となっては本人らにしか分からぬ事情である。

置いて行った眼鏡は、サブがあったか、見えていたかで、財布も小銭だけ持って行ったとか忘れたとかそういうことで、結局なんてことのない状況下で悪党に目を付けられてしまった、ということになる。

どうりで交友関係を当たっても捕まらないわけで、こういった偶発的な、しかも外国人による行きずりの殺人が一番迷宮入りし易いという印象を受ける。このような外国人による犯行は、以前も言及したが、他国来訪による独特な万能感というか、、、その国では異国人はイレギュラーな存在、言ってみれば、その国からしたらその人は馴染みの薄い存在であり、そして被害者は同じ民族でないから殺害に抵抗がないという心理もあると思う。いざとなれば母国に帰ってしまえば捕まる心配もないというある種の勝手な守護的な考えを、根底で盲信しているきらいがある。

こういった事件で、不可解な状況が在った場合、余り深く考えないのも大事だな、と思った。

今後容疑者の供述で5W1Hの解明と自転車は遺棄したのかどうか、そして残り2名の早期逮捕と共に改めて原田美里さんの冥福を祈る。