先月、宮崎市の食堂で店長の男性が殺害された事件で、事件の後、大分県内で車を盗んだとして逮捕・起訴された男がこの事件にも関与している疑いがあることが分かった。
この事件は、先月9日、宮崎市の食堂の厨房(ちゅうぼう)で、店長の大西達夫さんが頭にアイスピックのようなものが刺さった状態で死亡していたもの。宮崎県警は強盗殺人事件として捜査していた。

 その後の捜査で、食堂の客の1人で、事件の直後、大分県内で車を盗んだとして新潟県警に逮捕され、その後、起訴された宮崎市の62歳の男が、大西さんの殺害にも関与した疑いがあることが捜査関係者への取材で分かった。

 捜査本部は供述の裏付けなど捜査を進めている。



事件の直後に車を大分で盗んで、新潟で捕まってるので、逃亡の為に車を拝借したんでしょうね。まー大分ナンバー?が新潟にいたりゃそりゃ目立つだろうね。食堂の客の一人っていうニュアンスが良く分からんが、常連ってこと?その日にいた客ってこと?個人的にシンプルに顔見知りではない金目当ての行きづりの犯行かと思っていたけど・・面識はあったのかな?まーかなりこの男が臭いでしょうし、続報を待ちたい。