23日午前0時40分ごろ、茨城県境町若林の民家から女性の声で「助けて」と110番通報があった。県警境署員が駆け付けたところ、2階の寝室で住人の会社員、小林光則さん(48)と妻のパート従業員、美和さん(50)が心肺停止状態で見つかり、現場で死亡が確認された。小林さんは顔と首、美和さんは首に、それぞれ刃物のようなもので切られたとみられる傷があり、同署は殺人事件として調べている。

 同署によると、小林さん方は5人家族。中学1年の長男(13)、小学6年の次女(11)は夫婦とは別の2階の部屋で就寝中だった。長男は腕などに切り傷があり、次女も手の痛みなどを訴えたが、いずれも軽傷で命に別条はなく、1階にいた大学3年の長女(21)にけがはなかった。

 住宅には無施錠の場所が複数あったといい、同署は、何者かが侵入して就寝中の夫婦を襲ったとみて捜査している。110番通報は美和さんがしたとみられる。

 現場は圏央道境古河インターチェンジから約7キロ南側に位置する畑や住宅が点在する地域。小林さんの住宅は周囲を木々で囲まれ、周辺の民家とは200メートルほど離れた場所にあった。

 近所に住む女性(70)は「このあたりにずっと住んでいるがこんな事件は初めて。のどかな場所だから無施錠で就寝する家も多い」と話した。



補足情報

・室内には、物色されたような形跡は見つかっていない
・通報は固定電話の子機からで、美和さんがかけたとみられる。「助けて」と話すなど切迫した様子だったことから、襲われている最中だった可能性もあるという。
・捜査関係者によると、次女は「スプレーのようなものをかけられ両手がヒリヒリする」と救急隊員に痛みを訴えた。
・光則さんはあおむけ、美和さんは体の右側を下にして倒れていた。
・住宅には、窓が割られたり、鍵が壊されたりする被害は確認されていない一方で、1階と2階の窓などに無施錠の場所が複数あったという。
・子供達は「知らない男が入ってきた」と証言しているという
・住宅のそばに落ちていたスリッパに血痕とみられるしみがついていたことが24日、捜査関係者への取材でわかった。
・スリッパは自宅から約れたやぶの中で見つかった。
・1階の自室にいた長女にけがはなく、「物音やサイレンの音で気付いた」と話しているという。 

事件現場

グーグルアースで見ると・・・

1

このようなところ。森の中に囲まれている家が事件現場。
かなり特殊な立地である。土地勘がないとここに家があるかすらどうか分からないだろう。
訪れるまでに近隣住民以外は車の類が必須である。
家へと続く道が見て取れ、そこの入り口はというと・・・

2

なんとか、木々の向こうに家が建っているのが肉眼で確認できる。
しかし・・・事件当夜、このあたりは真っ暗で街灯もないという。
猶更、土地勘がないと難しいのではないか。
逆に考えれば、被害者が大声を上げようが絶対に隣人などに犯行を気づかれないという環境なので、そこを利用された可能性ーーであれば、殺人が主たる目的の快楽殺人となってしまうが、その場合皆殺しにされてもおかしくないが、長男が重傷、次女が怪我、長女が無傷で済んでいるのがよくわからない。
この状況から言って、最初からターゲットは夫妻だった可能性が高いと思う。 

まず侵入経路。
一階と二階の窓は無施錠だったというが、一軒家の二階から入るというのは
難しいのではないだろうか。というより、通常の心理であればまず、1階の玄関、窓をあたるだろう。そして開いてれば入る。1階が開いているのに2階をチェックするのは愚行というか、そもそも梯子的なものがないと難しいのでは。なので、1階の窓から侵入で間違いないと思う。普通に考えて、である。

次に襲った順番を考える。

1階から侵入したと思われるが、1階には長女が寝ていた。

犯人が長女の存在に気づいていたかはわからないが、結果的にスルーされている。しかし・・夫妻がターゲットだったとしても二人がどこで寝ているのかまでは知りえないだろう。知っていたら相当仲がいいし何度か家に来ているはず。で、あれば子供の言う「知らない男」というのはいかがなものか。(夫妻だけが知りえる仲だったのかもしれないが)

1階をチェックしたところ、夫妻がいないから2階へ行ったか、あるいはいきなり2階へ行ったかはわからないが、普通は1階からチェックするのが尋常だろう。夫妻がいないことを確認し、2階に向かった犯人が襲った順番は

夫→妻→長男次女(これに関しては不明、長男とみるのが妥当か)だろう。

夫が最初なのは妻は警察に110番しているという点から。ベッドだったのか、敷布団だったのか、二人がどういう風な状況で寝ていたかは不明だが、夫が応戦中に110番したとみるのが妥当である。

顔などに傷があったのは・・・その部分以外は布団で隠れていたからだろうか。確実に刺したことを確認できる生身の部分を狙った、あるいは頸動脈を狙ったが外れた、とか。顔に関しては怨恨?でも顔は夫にしかなかったから、ハナから首を狙っている可能性が高いと思われる。

妻は電話の内容から相当なパニック状態だったようだが、悲鳴を上げていない可能性がある。悲鳴を上げていれば、子供たちが異変に気づき駆けつけるなり何かするのではないか。ただ、パニクっていたけど、110番はちゃんと出来ているという点。110番できる余裕があれば、おそらく走って逃げることもできただろう。腰を抜かしたか。そして、恐怖で声も出ない。
かろうじて、110番するも震えてうまく話せない。
そのうちに・・・といったところかもしれない。

その後の犯人の行動が不可解で、「就寝中」(記事によると)の長男と次女の部屋に赴いて攻撃を加えている。夫妻がターゲットであれば、目的達成後すぐに現場を後にするべきだろう。なぜわざわざ襲ったのか。顔を見られるし、かなりリスクが高い。そして長男は手足、次女は催涙スプレーという攻撃方法で明確な殺意は感じられない。どちらかというと「動きを封じる」ように感じる。この辺りはちょっと不可解。考えれることとして、同じ二階に長男と次女はいたので、夫妻を襲った際にこの二人が覚醒し、逃亡後に追いかけられたりするのを嫌がった?いやーそれでもわざわざ姿を見せて襲うだろうか。しかしながら計画性は見えるので、顔は何かで隠していた可能性はある。いずれにせよ、殺意はないようだし、そこまでの無慈悲さは感じられない。

動機は怨恨だろうか?夫妻どちらかに恨みがあったのなら、一人の時を狙えばいいし、わざわざ夜中に家に侵入してまで襲っていることから夫妻に恨みがあったと思われるも、前述したように夫妻がターゲットだったとしても二人がどこで寝ているのかまでは知りえないだろう。別々に寝ていた可能性があるわけで、夫がターゲットだったが、一緒に妻がいて通報されたから勢いで襲った・・いや妻がターゲットだが、夫がたまたま一緒にいたので脅威に感じて殺害した、なども考えられるがどうもしっくりこない。計画性を匂わせつつも無秩序な感じも見受けられる。そもそも玄関や窓に鍵が掛かっていたら犯行は行われていない可能性もある。

かといって、よからぬことを考えていた犯人が、偶然あのような立地な家を見つけ、偶然鍵がかかっていなかった・・などということがあるのか。

長女が無傷なのがどうしても気になる。彼女は大学生だしバイトもしていただろう。そういった交友関係の広さから推測するに真の狙いは長女の関係の可能性が高いのではないかと思う。かといって彼女自身は襲わなかったのは死よりも辛い思いをさせる目的だったかもしれない。近い事件としては群馬町三ツ寺(現高崎市)における一家3人殺人事件である。この事件も長女は無事だったものの家族(父・母・祖母)は殺害されている。今回は長男、次女は怪我で無事だったので、そこは犯人なりの「そこまでするのはかわいそうだ」といったような人情が働いたのかもしれない。そう考えると一応辻褄は会う。しかし、これはあくまでも一つの可能性であるということを留意していただきたい。

血のついていたスリッパ。犯行時に履いていたか、犯行後に履いたかはわからない。ただ、スリッパを履いたまま襲うのは考えにくい。動きづらいだろう。土足で侵入したか、あるいは室内に靴跡が残るのを嫌って裸足で侵入。逃亡の際、玄関にあったスリッパを履いて靴は手に持って逃亡?しかし家に来る際の足跡は残るよな。まさかスリッパで訪れた?もしそうならゲソ痕を相当嫌がっている。車などで訪れ、現場付近に停めて、スリッパに履き替えて靴は車内。で、家に侵入後にスリッパは脱いで、逃亡にまた履く、という。まぁ、なくはないが普通に考えれば逃亡時、被害者宅のものを拝借したのだろう。
いずれにせよ、スリッパは脱ぎ捨てているので、おそらくはスリッパからDNAが検出されるだろう。それを犯人は知らなかったのか問題ナシとしたのか、そこは疑問

続報を待つとともに被害者のご冥福をお祈りします。

続報(9/25)

09月25日 06時43分

23日、茨城県境町の住宅で夫婦が殺害され、長男と次女もけがをした事件で、子どもたちが「帽子をかぶってマスクをつけた人に襲われた」などと話していることが捜査関係者への取材で分かりました。
夫婦の死因は胸や首を刺されたことによる失血死で、警察は当時の詳しい状況を調べています。

23日、茨城県境町の住宅でこの家に住む会社員の小林光則さん(48)と妻でパート従業員の美和さん(50)が刃物で刺されて殺害されたうえ、中学生の長男(13)が両足などを切られて大けがをし、小学生の次女(11)も両腕に軽いけがをしました。
これまでの調べで2階の子ども部屋で、次女が2段ベッドの上の段に、長男が下の段にそれぞれ寝ていたところを襲われたとみられていますが、その後の調べで子どもたちが「帽子をかぶってマスクをつけた人に襲われた」などと話していることが捜査関係者への取材で分かりました。
また、殺害された2人の死因は胸や首を刺されたことによる失血死で、ほかにも首や顔などを何度も切られたり刺されたりしていたということです。
警察は犯人が執ように刃物で切りつけて殺害したとみて、当時の詳しい状況を調べています。
この事件で境警察署の捜査本部は、情報提供を受け付けるフリーダイヤルを設置しています。
番号は0120ー007−285です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

23日、茨城県境町の住宅で夫婦が殺害され2人の子どもがけがをした事件で殺害された夫婦には上半身を中心に複数の刺し傷や切り傷があり、中には肺に達するほどの深い傷もあったことが捜査関係者への取材で分かりました。
警察は何者かが鋭利な刃物で執ように切りつけたとみて、調べています。

23日、茨城県境町の住宅でこの家に住む会社員の小林光則さん(48)と妻でパート従業員の美和さん(50)が刃物で刺されて殺害され、中学生の長男(13)が両足などを切られて大けがをしたほか、小学生の次女(11)も両腕に軽いけがをしました。
これまでの調べで夫婦の死因は胸や首を刺されたことによる失血死だったことが分かっていますが、その後の調べで、夫には肺に達するほどの傷があり、妻の首にも深い刺し傷があったことが捜査関係者への取材で分かりました。
また、夫婦には抵抗した際にできる「防御創」と呼ばれる傷もあったということです。
2人の傷はいずれも顔や胸など上半身に集中していたということで、警察は何者かが鋭利な刃物で執ように切りつけたとみてさらに調べています。

追記(9/26/22:33)

1階には物色した形跡なし
室内には土足で歩いた形跡なし
このことから1階の鍵のかかってない窓から侵入し、すぐ2階に向かった
※なぜこのことからなのかよくわからないが

ソース https://www.youtube.com/watch?v=LT9eGG15aqM