重要な情報が漏れていた。当日の天気である。

境氏のデータがないので古河 2019年9月23日(10分ごとの値)で調べてみると、犯行時刻の0:40は10分間に2.5mmの降水量であると。気温は20.2度。
降水量2.5mmってどれくらいだろう。 

こちらによると

体感としては「傘がないとかなり厳しい、数分の移動でも傘がないと悲しくなる」程度かと思います。
外に1時間いるとコーヒー 1 杯分の量の雨が、人間の上に降りそそぐことになります。

なお、実際には風の影響等により、頭や肩だけでなく、体の側面からも雨を受けて濡れるので、上記のコーヒーによる説明よりも実際はたくさん濡れる感じがあると思います。
 
2mmでこれ。強い雨という認識でいいだろう。

さらに補足情報

1)小林さん宅には「よく吠える犬がいた。車を止めただけで吠えていた」と話
す人もいる。しかし、事件当時は雨が降っていたので気が付かなかったという。

2)南から入ると母屋の前に飼い犬がいてよく吠えるという。北側の入り口を閉
鎖することで、人が来ると必ず犬が吠えるという習慣が付いていた可能性がある。
普段使われていない北側の入り口にスリッパが落ちていたことから、警察の捜査では北側からのアプローチが重点的に行なわている。

3)妻が今年に入って自宅北側の細い道の入口付近に紐をかけ、通路を封鎖していたことがわかった。
実際に北側にはフェンスとロープでバリケードがあり、付近では空き巣や盗難被
害が出ていたという。妻からは防犯灯を増やしてほしいという要請もあった。

4)北側には釣り堀があり、自宅の敷地の北側は車が十数台停まれる砂利敷きの駐車場になっている。
北側にはもともとフェンスがあったがロープ2本程度のもので、強引に侵入しようとすれば入ることは可能で、そこに今年ロープを通した。
入り口にはほとんど人の通りがない様子で、住人も北側の入り口を使っていないものとみられる。吉川祐二は「この出入り口から出入りすると中にいる犬が吠えないような場所に行けるということで住人も警戒していたという可能性もある」と話した。

5)昨日まで警察が警察犬を使って、家の北側の敷地を入念に捜査していた。その場所は家の正面に通じる、細い一本道を出てすぐ北側に曲がった位置にある。
車を停めておくには十分なスペースがあり、懐中電灯をつけなくても自動販売機
の灯りで先が見える。犯人はここから北側へ田畑の間を通る、この細い道を通ったともみられている。

まず、犬を飼っていた。犬は南側、つまり玄関側にいたと。まぁ当然といえば当然。
で、事件当夜は吠えなかった可能性がある。これは北側からの侵入を意味しているのか。
気になるのが「北側の入口」。家の構造がよくわからないが勝手口のようなものだろうか。
スリッパも北側に落ちていたということで、北からの侵入、逃走と考えていいのではないだろうか。
たしかに、北側・・家の背中側の景色を見ると、自販機が設置された駐車場のようなスペースがあり、住人としての心理からすると、警戒心を抱いても不思議ではないし、妻は北側に警戒していたらしいがロープ程度ではバリケードとは程遠いように感じる。裏を返せば北側はロープを潜られると言い方は違うと思うが脆弱性があるというか守りが手薄というか。

4

家の正面よりも背中のほうが車の通りや距離が多いことが伺える。
そしてこの位置からだと、家の2階の窓が見える。恐らく自販機の明かりで夜で
も窓の状況は朧気ながら伺えたのではないだろうか。

3

恐らく、犯人は1枚目の画像の車が停まってる辺りに車orバイクor自転車を停めた
のだろう。ただ、バイクならヘルメットをしたままでもいいと思う。
催涙スプレーまで装備しているのだからヘルメットは防具という意味でも有りだし、逃げる際、いちいち被る必要もない。だからバイクの可能性は低いだろう。自転車は、近隣住民の犯行なら有、それ以外は車だろう。

ロープを潜り、1階ないし2階の窓(個人的には北側の入り口)から侵入したと思われる。

雨に話を戻すが、雨の日を狙っていたのであれば相当な計画性が伺える。が、現状は不明。

ただ、雨が、それも土砂降りだとすると、施錠はしていないかもしれないが、窓くらいは締めていただろう。晴れていれば網戸にしているかもしれないが、土砂降りである。なので、窓自体は締まっていたと思う。だから外からパッと見て、窓が開いていたから忍び込んだという線はないと思う。
かといって、家の表のほうに回ると犬が吠える可能性があるので、やはり北側の入り口ではないだろうか。まぁ、犬が熟睡してたとか、雨により気配に気づかなかった、という可能性はあるかけれども。

家の中に水滴があったのか?これも不明。水滴があればそこが侵入口であろう。
ないとすると侵入口まで傘を差していった。傘を差して2階からは可能性低いだろう。
なので必然的に1階からの侵入。
ただ、これから殺人を犯しに行く人間が傘を差すかな。
というのも非常事態が発生した際に逃亡の時に忘れずに持っていく必要もある。
まぁ、何とも言えない。
でも水滴や足跡があれば報道されているような気もするが、明かされていないだけだろうか。

2)のスリッパに関して。北側の入り口に落ちていたという。
素直に考えれば北側の入り口からの侵入ということになる。
林に落ちていたという報道もあるが・・・入り口を出たところがすぐ林だったのだろうか。
いずれにせよ、この北側入り口からの侵入のような気がする。
そこで靴を脱いで侵入、これは室内に足跡を残さないためである。
犯行後、妻に通報されたのは想定外だったのだろう、少し焦って逃げた犯人は北側の入り口で靴を履く手間を省くために、裸足で逃げたいところだが、雨で足が濡れるのが嫌なので持参したか、あるいは室内にあったスリッパを拝借して家の裏手である北側入り口から飛び出し、ロープを潜る際にスリッパが脱げ、なし崩し的に逃げた・・・というところか。そういえばスリッパは両方見つかっている
のだろうか。片方?いずれにせよ、凶器などはちゃんと持って帰っているので、多少なりとも焦りはあったように見える。